北海道キャンピングガイド facebookページ  北海道キャンピングガイド twitterページ  北海道キャンピングガイド instaglamページ  Rise

持ち物チェックリスト

何年たっても、何度行っても「あ、忘れた!」と、ひとつやふたつ忘れて悲しくなる。 何を持っていったらいいか不安なキャンプ初心者は、特に必見。 キャンプに行く前にチェックしてみてね。
テントまわり
テント
最初に出すので、グランドシートと一緒に最後に積もう。ポール、ロープ(張り綱)もチェック
グランドシート
テントの下に敷くシート。ブルーシートでも可。汚れを防ぐだけでなく、地面からの湿気や浸水を防止
ペ グ
テントやタープを張る際にロープを地面に固定する道具。余分に持っていくのがコツです
ペグ用ハンマー
最近は安全ベルトが付いている。頭がゴム製のものが静かでおすすめです
シュラフ
寝袋。出かける前にカビてないか確認を
インナーマット
銀マット等。できればテント内全面に
エアマット
あると快適。大きいものは空気入れも一緒にね
キャンプピロー
本当のまくらでも構いませんが...
テーブル・イス
積みやすく座り心地のいいものを
タープ・スクリーン
雨の日はあるとないとで大違い
火気類
コンロ・ストーブ
道具に合わせて、炭・ホワイトガソリン・ガス。アミ、鉄板、着火剤も忘れずに!
チャッカマン
ちゃんと点くかどうか確認を
ツーバーナー
これがあると煮炊きが楽ちん!
ランタン
スペアのマントル又は電池も
火バサミ
炭を使うときの必須アイテム。ゴミ拾いにも便利
うちわ
炭の火おこしに必須。虫払いにも便利
焚き火台
現地では芝生を痛めない対策を忘れずに
調理関係
けっこう忘れる。カップめん。パスタ、そうめん類は常時携帯
調味料
ケースにまとめておく。作りたい料理のイメージはできていても、足りないことがよくある
食器類
割れにくく、風に負けないのものを
クーラーボックス
大きすぎず小さすぎず。保冷剤も忘れずに。ペットボトルごと飲み物を凍らせる手もある
ウオータージャグ
最初に汲んで小イスの上に置こう
鍋各種
大小合わせて3 つくらいあると便利
包丁・まな板
結局、家庭用のものが使いやすい
フライパン
これも家庭用が使いやすいです
しゃもじ・おたま
専用もあるが、家庭用で十分
洗剤・スポンジ
洗剤は専用のものを使いましょう
アルミホイル
炭火調理や包装に役立ちます。ラップや箱ティシュも使用頻度大
マイカップ・マイ箸
割り箸、紙コップはゴミのもと
スプーン・フォーク
プラスチック製でも、硬めならけっこう使える
ナイフ
肉を切ったりロープも切ったり。トングやキッチンバサミも重宝します
ウエア類
レインウェア
ウインドブレーカーがわりにも
フリース
北海道は夏でも朝晩は冷え込みます
替えの下着・靴下
特に子供用は多目に持っていこう
軍手
子どもも大人も軍手が基本。炭を使うなら必須
生活小物
保険証
病院にかかる可能性もあり
サイフ・携帯
これを忘れる人、いないよね?家の鍵は?
日本手ぬぐい
バンダナより便利。タオルより速乾
トイレットペーパー
ビニール袋に入れて持ち運び
薬・絆創膏類
常備薬などはひとまとめに
ゴミ袋
濡れたテントの収納もこれでOK
ライト・ランプ
LEDタイプが明るく長持ちで便利。テント用と持ち出し用など複数あるとなおよし
携帯ラジオ
ファイターズを応援?天候チェックでしょ
洗面道具
歯ブラシやお風呂道具、タオル等を常備
蚊取り線香
虫よけ鉄板です。テント内、テーブルの下など。テーブル上では虫よけキャンドルも
虫よけスプレー
香りの強すぎないものがおすすめ。ブヨにはハッカ系スプレー
快適・便利
コット
地面から離れて寝たい方のベッド。荷物置き場やベンチの代わりにも
七輪
魚や肉を焼くならこれしかない!
ガムテープ
何かと重宝します(ポールの補修にも)
細引き(ロープ)
張って干したり、縛ったり
ランタンハンガー
自立式とポールにかけるタイプあり
トースター
専用のものが軽くて便利です
サンダル
常にクルマに積んでおきましょう
長靴
夜露で濡れた芝生もこれで快適
双眼鏡
野鳥を見たり、いろいろ楽しい
ソフト耳栓
豪雨の日でもぐっすり眠れます
貼るカイロ
フリースの上からでも暖かい
いろんな図鑑
ポケットタイプでもあると楽しい
バードコール
ホントに鳥が寄ってきます
パーコレーター
コーヒーをセットして直火にかけるだけ。やかんの代わりにも使えます。キャンプにあう
キャンピングガイド
忘れてもWeb会員ならOK(ネットがつながれば)

けっこうあるでしょう。チェックが済んだら、キャンピングガイドを片手に、ぞんぶんに楽しんできてくださいな